大学間連携ソーシャルラーニングに協力しています

カテゴリ:

数年前からシーライフも協力させていただいている

大学と地域社会を結ぶ

<大学間連携ソーシャルラーニング>

地元、山陰地域の5大学・短期大学
(島根大学・島根県立大学・鳥取環境大学・島根県立大学短期大学部・鳥取短期大学)
の取り組みの一つです。

これは、文部科学省の「大学間連携共同教育推進事業」に選定されたもので、

自然・歴史、文化・産業等において、
そして地域社会の抱える課題に関しても共通の基盤を有する
山陰地域5大学・短期大学が、
地域社会の人材ニーズに応えるという使命を共有。

地域ステークホルダーとともに
「ソーシャルラーニング」を開発する中で、
共通課題を解決するという試みです。

sealife

↑島根県立大学 総合政策学部の研究発表レポートに当社が掲載されています(抜粋)

島根県立大学 浜田キャンパス

http://hamada.u-shimane.ac.jp

地域政策プログラムの一つに
島根県立大学では、1年次の秋にフィールドワークが行われます。

Unknown-2

社会のさまざまな現場(フィールド)に出かけていき、

そこで働く人びとへの聞き取り調査を通じて、課題を発見します。

そしてその課題の解決策を計画し、提案するセミナーです。

S__6545421

学期末には合同成果発表会を開催し、報告書を作成されています。

http://hamada.u-shimane.ac.jp/department/sogoseisaku/07unique/

今年も学生さんが当社にヒアリングにこられました。